<< 11月8日の夕方 母りんミラクル。その1。 >>

母りんミラクル。その2。

ガン闘病の母親を置いて、また、アメリカに戻るにあたり・・・

元々は、「義父の急死による一時帰国」だったので、母親の看病をする覚悟も準備もまったくしていおらず・・・
ちゃっちゃと日本に戻って、義父の葬儀関連の仕事が済ませて、とっとと、アメリカに戻るつもりでいた。

だもんで、引っ越したばかりのアメリカの家は、当然、いろいろなものが、途中・・・
ほったらかし・・・
やりっぱなし・・・

・・・なので、「母親の看病で日本に長期滞在するなら、一度アメリカに戻って、それなりの準備をして来ないとダメじゃん」と思っていた。

プラス、

「母親との間で、また、いろいろと感情的にしんどいことを体験する前に(平和な関係でいられる間に)アメリカに帰っておいた方がいいんじゃないか。」

と言う思いもあり・・・(いくら母親といっしょにいるのが居心地がよくない、とはいえ、またケンカしたりするのは、いやだったので。なるべく、平和に過ごしたかった、と言うか・・・でも、母親とわたしがずっといっしょにいたら、それは多分無理なので)


アメリカに戻ることと、日本に残ることで、どっちがいまの状況で一番ベストなのか、いちばん正しいのか・・・みたいなことをリストアップして、あれこれプラスマイナスして、結果、そのときは、アメリカに一旦戻ることが正しいような気がして、アメリカに戻って来たけれども・・・

アメリカに戻ったら戻ったで、やっぱり、次は「母親をほったらかして、アメリカにいる」と言うことの方に罪悪感が湧いて来た・・・(さすが、エゴのなせるわざ・・・何を選んでも平安ではいられない・・・)

「母さんにまたひどいこといわれるかも。母親との間で、また、いやな思いしたくない。イヤな思いをして、心をえぐり掘られたような感覚になったり、母親に対して、憎い気持ちが湧いたりするのがイヤだ。」なんて子供っぽい気持ちには脇に置いて、もう、大人なんだから、ちゃんと大人対応して、母親の愚痴とかイヤミに耐えて、看病するべきだったのではないか、だって、だって母親は、手術の出来ない場所にある癌と共存しているのだから・・・
それに、自分、長女だろ???

みたいに。

とはいえ、同時に、

「看病し続ける、っていつまでだ???治る見込み、ないんだよ???」

というのもあり・・・
かと言って、「余命数ヶ月」みたいなことを言われてるわけではないので、やっぱり、なにをどうするのがベストなのか、よくわからない・・・

そんな状態だったので、やっぱり、やりっぱなしのアメリカの家を放置したまま、日本に居つづけても、逆に今度は、「じゃぁ、どんなタイミングで、アメリカに戻るんだ???」というのもあったりで・・・


そんなわけで、「日本に行きっぱなし」ってわけにもいかないけど、「ちょこちょこマメに帰れる距離でもない」のに、「こういう家族の一大事でも、いろんな方向に、罪悪感とか、変な遠慮とか、『自分、傷付きたくないよ〜』って甘えだとかで、ごちゃまぜで、頭がパンパン」な自分を情けなく思ったりしながら、ぐちゃぐちゃな日々を過ごしていた・・・

とはいえ・・・

ほんとに、ほんとに、混乱しすぎて、もうどうするのがいいのか、ベストなのか、何もわからない状態だったので、当時の殴り書きメモ、みたいなモノを見ると、「どーにもできないから、神様!!!なんとかしてーーーっ!!!助けてーーーっ!!!」みたいなことが、しょっちゅう書いてある・・・!!!爆。


あるときの手帳には・・・


わたしはテキサスにいてもいいのか、やっぱりすべてをほっぽらかして、日本に戻るべきなのか・・・
もうなんにもわからない。
わたしはどうするのがベストなのか、どうすべきなのか、ぜんぜんよくわかりません。
神様、わたしがどうすべきか、という『サイン』をどうか送ってください。
でも、もう、ずっとお願いしてるから、もしかしたら、その答えをくれてるのかもしれない・・・
だけど、わたしには、わからない・・・
わたしの方でそれをいまだに受け取れていないのかもしれない。
こんな鈍感なわたしでも納得せざるを得なくて&単純でわかりやすい答え、・・・って言うか、サイン・・・を神様、どうか、お願いします!!!!!!!!
母親の入院に対して、わたしがどうすべきか・・・・どうか答えを下さい!!!

・・・って超必死!!!


でも・・・

そしたら・・・

来たんだね・・・ちゃんと、答えがっ!!!


急に、だんなが「XX日から、メキシコに出張に行くから~・・」と。
それも、短期じゃなくって、長期!!!


長期出張・・・って言ったら=引っ越したばかりで知り合いもいないこの土地で、わたしは、ほんとに、文字通り「一人ぽっち」

おお、だんなのご飯の心配をする必要、ない!!!(そう・・・この田舎の土地は、10時過ぎには店が閉まってしまうようなところだったので、なのに、だんなの仕事の帰りは毎日真夜中だったため、わたしが家で食事の支度をしておかないことには、だんなは食いっぱぐれてしまう・・・という心配もあって、「だんなを一人でほっぽらかして」日本に長期滞在することに、迷いがあったのだった・・・← これまた、わたしの母親は、戦前生まれでだんなを立てるタイプ!?だったため、「だんなさんを放っておいて、自分の看病にかまけるべきではない」という考えのもち主でもあったし・・・)


なおかつ、テキサスでは、なんの仕事もないし、子供もいないから、子供の学校がどうのこうの・・・とかっていう心配もない。
だったら、まだ慣れないテキサスの新しい家にひとりで居続けなくっても、いいよね???
日本に帰っちゃって、いいよね???
帰っちゃったって、誰にも迷惑がかからないじゃーーーん!!!???
母からも(意識が垣間戻ったときとかに)「だんなさんが出張でいないなら、しょうがないわね〜」って、わたしが日本にいて、母親を看病していることについても、怪しまれずに済むし!?!?
(上に書いたように、古い人間だったので、「娘が夫をほっぽらかして、実家の親の面倒を見る」という状態になることをすごい気にしていた。+普段わたしが、そんなキャラじゃないのに、「夫をほっぽらかしてまで、母親を長期で看病する」みたいな状況が、=「わたしって、そんなに病気が重いのかしら?」と更に不安にさせてしまいやしないか・・・と言うのも心配で「隠さなければ!!」と言うのもあった)

・・・って、もう、パズルがバシッとはまるみたいに、すべてがちょうどよくおさまって「おおおおおお!!」と感動してたら、さらに、だんなの方から、「ここにいても、やることないんだから、お母さんの看病に行って来たら?」とさらにだめ押し!!!


そんなこんなで、すべてがスッキリまとまって、「母親の看病をしに日本に帰る」ということをやっと決心できたのでした。

(つづく・・・)
[PR]
by chiemittii | 2010-11-08 04:55 | いろいろ思ふ・・
<< 11月8日の夕方 母りんミラクル。その1。 >>